無料で見よう

鉛筆

英語をきちんと学ぶためには英語の文章が書かれたテキストが教材として必ず必要になります。というのは、英単語だけを覚えたとしても、その単語がどのように英文や会話に使われているのかわからないと、文章を読むことも話すことも出来ないからです。 では、英語のテキストをどのように入手するのがいいのかというと、お金をかけたくないという場合はインターネットのコンテンツを利用するのが一番いい方法です。たとえば、国内の新聞社のサイトに、記事を英語で表記しているページがアップされている場合があります。これは、中学生や高校生などの学生が読者が英語の教材として使えるようにという目的とされている場合が多く、無料で読むことが出来ます。 ニュースなので、興味を引く内容のものが多く、学生向けなので単語もあまり難しくなく、解説がついているので翻訳しやすいです。

学生向けの英文だと簡単すぎるので、もう少し難しい英語のテキストを教材にしたいという場合は、海外の新聞社のサイトを読むというのがおすすめです。新聞社にアップされている文章なので、スラングなどはありませんし、文法的にも綺麗なので参考になります。 ただ、英文しかなく、訳したとしても、それが正しいかどうかを知る方法がありません。 なので、英文の他にも訳があった方がいいという場合は、やはりきちんとした英語教材を購入した方がいいでしょう。だいたいどれぐらいの予算で買えるのかということですが、英文解釈用のテキストであれば1000円から2000円程度で購入が可能です。古本であれば、その5分の1から10分の1程度の値段で買えます。